給料の格差から学ぶ現代の性差別問題と新しい労働観

どうもです!

ミニ缶です!

 

 

今回は

「家庭を持っている女性であっても時間に依存しない働き方をすれば給料の格差は埋められる」

という話をしていきます。

 

 

女性であるというだけで任せてもらえる仕事が小さくなったり、

そもそも給料が男性よりも低いということに嘆いてる女性は非常に多いです。

 

毎日男性と同じ時間に出勤し、

同じ仕事をこなして、

同じ結果を出しているのに、

私の方が給料が低いのはおかしい!

 

そう思っている女性は非常に多いです。

 

同じ職場の男性を見ていて、

特別頑張って仕事をしているようにも見えないし、

それでも男性のほうが給料が高いとなると、

やるせない気持ちになって、

「はぁ?ふざけるな!」

てなりますよね。

 

それに、

自分の旦那の家でのだらしがない姿を見ていて

「なんでこんなダラダラしてばかりの人がこんなにも給料もらってるの??」

って思っている人もいるかと思います。

 

 

最近の大企業では男女で給料の格差はないのですが、

中小企業とかだと男女で給料の差があるところはいまだにあります。

 

家事や育児をしながら仕事をするとなると、

どうしても仕事より家庭のことが優先になってしまいますし、

だからと言って給料が男性より低いのは不満ですよね。

 

 

今回はそもそもなぜ男性と女性とで給料の格差が生まれるのか、

そしてそれを解決するにはどうしたら良いのか?

ということについて切り込んだ話になっています。

 

今回の話はそれを解決するための参考になれば幸いです。

日本は女性=家事育児という価値観が強いから女性の給料が低い

男性と女性とで給料の差が生まれるのは、

女性は家事や育児をすることが第一

という価値観があるからです。

 

 

これは日本という国に限った話ではないのですが、

日本は特にその傾向が強くて、

女性は家事と育児、男性は稼ぐ

という価値観が強く根付いていることが問題なのです。

 

頭のお堅い人たちはそういう価値観に洗脳されているので、

女性がいくら結果を出そうとも給料に差が生まれる事があります。

 

 

そういう価値観を持っている人が

どういう理由で女性に対して給料を下げているかというと、

 

女性は家事や育児で仕事に多くの時間を割けない

 ↓

少ない時間できる小さな仕事しかできない

 ↓

男性よりレベルの低い仕事しか任せられない

 ↓

女性の給料が男性よりも低くなる

 

という思考のものとに女性の給料を下げているのです。

 

 

もちろん短い時間でレベルの高い仕事ができる女性もたくさんいますが、

会社はあくまで儲けることをシビアに考えていますので、

その思考は理にかなっていると言えるでしょう。

 

だから少数の仕事ができる女性のために

全ての女性の給料を男性と同等にすることは難しいですし、

仕事から生まれた価値が低いのに給料を上げることはできないのです。

 

 

なので、会社側の視点から見ると

女性の給料が低くなるのは妥当だと思います。

 

すごくビジネス的にシビアに見るとそういう考え方になります。

 

 

あ、あくまでもすげーシビアに、数字的に、客観的に見たらの話ですからね!

ミニ缶の顔に免じて怒らないでくれると嬉しいです。。

短時間で大きな価値を生み出せば会社にとって文句は無い

ここまでは女性は男性よりも仕事で価値を生み出せないと

会社から思われているということを話しました。

 

でも、これっていうのは裏を返せば、

家事や育児で勤務時間が短くなっても大きな成果を出せることを証明できれば良い

わけで、そのように女性からアクションを起こしていけば女性の給料は変わると思うのです。

 

 

家事や育児が大変だという事が

よく分かっていない管理職や経営者もいるわけで、

そういう人に対して理解してもらった上で

こちらから短い勤務時間でも会社に価値を提供できることを説得しなければなりません。

 

大人の世界というのは冷たいもので、

人に助けてといったからといって助けてれるとは限らないですし、

最終的に頼れるのは自分だったりするので、

自分からアクションを起こしていかないと現状は変わらないのです。

 

 

だから自分の給料に不満を持つのであれば、

会社への給料アップの交渉は自分からしないとダメだし、

自らが給料アップに見合うだけの価値を会社に提供できることを証明しないと

給料の現状を変えることは難しいでしょう。

 

 

もし今、自分が家事や育児のために短時間勤務をしている状態で、

給料アップの交渉をしようと思うのであれば、

 

「私は短時間勤務をしていますが、

今後○○と○○の資格を取得して、

▲▲の仕事も今と同じ勤務時間できるようになりますので、

昇給についてご検討いただけないでしょうか。」

 

といった提案ができた方が

会社も昇給させることのメリットが理解できますし、

実際に昇給する可能性は非常に上がるでしょう。

 

ただ単に「給料あげてください!」というだけだと、

会社は不満を感じてしまうので

こういったメリットを提案できると会社を納得させやすいです。

 

 

 

また、自らが昇進するというのも一つの手です。

 

昇進すれば給料は現状よりググッと上がりますし、

自分の采配で仕事を進める事ができるようになるので、

短時間でもより多くの結果を出せる組織を作ることもできます。

 

女性の労働に対して理解の無い上司の下で働いていれば、

その価値観を覆すのは難しいですし、

そこをなんとしてでも変えたいと思うのであれば、

自らがその立場になるのも手段としてあります。

 

 

私が勤める会社で私と仲が良い女課長がいるのですが、

子供を2人育てながら

月20時間程度の残業時間で管理職をやってます。

 

その部署は教育部門なのですが、

彼女の持ち前のコミュニケーション能力でいろんな有名企業を訪問し、

日本トップクラスの教育を自社に取り入れるための活動をしていたり、

役員からの教育に関する信頼は絶大なものがあります。

 

私も彼女が企画する研修に何度も参加しているのですが、

どれもクオリティが高くて

「この人の企画だったら何でも参加したい」

と思えるぐらいの研修が多いので、

やっぱこの人すごいなといつも感じます。

 

たまに一緒に食事をするのですが、

その時によく話しているのは

 

「課長になるのは不安で仕方がなかったけれども

やってみたら意外と何とかなるし、

やりがいもあるし家庭と両立できているから満足している」

 

と、女って強ぇなぁと思いながら話を聞いています笑

給料もたくさんもらっているようですしね!

 

ざっくり聞きましたが私の給料の倍近くありました。。。

私ももっと頑張らないと。。。

 

 

 

昇給を狙うにしろ、昇進を狙うにしろ、

その結果には責任も伴って不安もあると思うのですが、

やってみたら意外とできるものだし、

実際にそのようにキャリアを築いている人もいるのだと

知っていただければ嬉しいです。

家庭と仕事を両立しながら昇給・昇進をするために必要な事とは?

昇給・昇進をするためには最低限スキルアップが必要です。

特に資格を取得することができれば客観的な能力の証明になるので非常におススメです。

 

仕事ができることと資格を持っているかは関係がないのですが、

会社に対して

「私は〇〇の資格を持っているので▲▲の仕事ができます!」

というのと

「私は資格はありませんが▲▲の仕事はすごくできるんです!」

というのでは説得力が違います。

 

仕事がデキるかどうかは、

実際に能力があるかどうかは実際に業務をしないとわからないのですが、

あなたの能力を裏立てるものがあれば、

たとえそれを評価する人があなたのことをよく知らなくても

仕事がデキることの判断材料になるので絶対にあった方がいいです。

 

 

いやらしい話にはなりますが、

結婚を考えている段階で、

源泉徴収票を見せられたうえで年収を伝えられるのと、

ただ言葉だけで年収を伝えられるのでは、

説得力が桁違いですよね。

 

あまりにもパートナーの年収が低かったら、

いくら好きな人であっても将来が不安になりますし、

口だけで「年収800万あります」といわれても信用ができないですよね。

 

 

 

それと同じで会社も

「あなたは本当に仕事がデキる人なのですか?」

ということをしっかりと知りたいと思っているのです。

 

よほど業績の低い会社でない限り、

会社は優秀な人材がいるのであれば、

より給料を出してもっと頑張ってもらいたいと思うし、

腹の底では優秀な人材が喉から手が出るほど欲しいと思っています。

 

別に会社も鬼ではないのです。

 

 

 

 

でも、仕事と家事と育児をこなしながら資格を取れる気がしない。。。

そう思っているかもしれません。

 

 

面倒な上司や同僚に囲まれてストレスはたまるし、

家に帰れば山のような家事をこなさないといけないし、

そんななかでどうやってスキルアップすればよいのでしょうか。

 

 

そのためには

勉強するための時間を捻出する

ということが必要です。

 

 

寝ているときも

ご飯を食べているときも

仕事をしているときも

お風呂に入っているときも

家事をしているときも

 

何をするにしても時間がかかりますし、

人間に与えられた時間は1日24時間から増えることはありません。

 

ドラえもんでもない限り

時間を増やしたり減らしたりすることはできないのです。

 

 

なので、今やっていることの何かを辞めて

時間を増やすのが一番効果が高いです。

 

増やすことができないのであれば何かを削るしかないのです。

あなたの持っている時間という器に乗せられるものは限られています。

 

 

じゃあ、なんの時間を削るべきか?

という話なのですが、

真っ先に削ることを意識してほしいのが、

  • 家事・育児
  • 労働時間

です。

 

 

家事・育児、仕事は一日で使える時間の中で最も時間を使います。

だから小さなことをチマチマ時短を図るより圧倒的に得られる時間が多いです。

 

これは少し大変なことのように思えますが、

ご家族、仕事の同僚がよほど頭の固い人でなければ、

きちんと相手にメリットを条件に出したうえで、

代わりにやってくれることをお願いすれば通ります。

 

 

例えば旦那さんに家事を肩代わりしてもらうのであれば、

「資格を取るまで家事をしてくれたらあなたの好きな時計買ってあげる!」

という提案をすれば旦那さんも納得するのではないでしょうか。

 

なにも時計である必要はなくて、

旦那さんが前からほしいといっていたものだったり、

欲しいのだろうなと思うものであればなんでもよいです。

 

あなたの出せる範囲で高価なものであればなおよくて、

いくら家事をしない旦那さんでも

「そこまで言うのなら。。」

となります。

(実際に私の両親の場合はそのやりとりをしていました)

 

 

心理学的話にもなるのですが、

相手は何かをしてもらったらその分お返しをしたいという心理が働くので、

相手に与えれば与えるほどその心理が強く働きます。

 

なので相手に何かをしてもらいたいと思ったら、

まずは自分から相手に与えるというのは結構おススメだったりします。

 

これは”相手に何かしてもらいたいとき”であればなんでも有効な方法です。

 

 

なので、

仕事を同僚に少し肩代わりをしてもらう時も同じで、

「今から1か月は資格の勉強に集中したいから残業しそうなときは手伝ってもらえないかな?

私が資格を取得したらその資格のコツとか勉強法とか教えるから!」

といった提案をすれば仕事を肩代わりしてくれる可能性がググっと上がります。

 

基本的に仕事の同僚というのは

人の仕事を喜んで肩代わりしたいと思っていないので

なおのことちゃんとメリットを提案する必要があります。

 

一時的に同僚は不利益を被るわけですから、

それなりに相手も得をすることを提案しないと納得できないですよね。

 

なので、

「どうやったら同僚は得をするのか?」

というのをきちんと考えたうえで提案していきたいですね。

 

 

ちょっと大変なことだとは思うのですが、

今後の仕事のためにも続けたほうが絶対に得するので、

やってほしいと思っていて、

 

仕事の関係とはいうのは不思議なもので、

その交換条件がしっかりと守られたときに

今後もより協力し合いやすくなります。

 

自分が困っているときに助けてくれる可能性が高くなりますし、

仕事をしていく中でも同僚とよりよい関係を築くことができるので、

そういった提案は非常におススメです。

 

 

 

これまで話した通り、

仕事と育児・家事をしながら資格を取得するのであれば、

「相手にメリットをちゃんと提案して仕事、育児・家事を肩代わりをしてもらう」

ということに挑戦してみてほしいなと思います。

 

 

仕事、家事・育児の時間を減らすことができれば、

より短期間で資格を取得することができるようになりますし、

ご自身の給料が上がったり昇進につなげることができるし、

結果としていいことばかりになるのです。

 

そういうのはちょっと不安だな、、、

断られたらどうしよう、、、

 

という気持ちもあるとは思いますが、

そういった提案は仕事をバリバリしている方であれば

当たり前のように仕事でやっている可能性が非常に高いです。

 

なので、仕事をバリバリしている方に

「資格を取るのに旦那に家事やってくれないか言いたいんだけど、

どうしたら聞いてくれると思う??」

と相談してみるとすんなりと解決すると思いますよ。

 

 

やったことのないことをやるということは、

勇気のいることではありますが、

一人で抱え込むのではなくて周りの人をうまく頼りながら、

自分の時間を増やしていきましょう。

 

給料の格差は埋めることができるし覆せる

ぶっちゃけ、男性と女性とで給料の格差はあります。

そしていますぐそれを変えるのは難しいのが事実です。

 

だからといってただ嘆いているだけではもったいなくて、

現状を不満に思うだけのエネルギーがあるということは、

現状を変えるためめのエネルギーも持っている

ということだと思うのです。

 

なので、

だから会社に昇給を提案するのもそうですし、

自らが昇進するということは

やってできないことではないと思っています。

 

 

たくさんの給料をもらうということ、

人の上に立って仕事をするということには、

責任が伴いますし不安もたくさんあると思うのですが、

 

そこはご家族に

「仕事頑張りたいんだけど協力してくれないかな?」

と素直に伝えた方がご自身のためにも、

ご家族のためにもなると思いませんか?

 

 

資格をたくさん取得するために

旦那さんに家事と育児を一時的に協力してもらって、

昇給を勝ち取った後に

旦那さんとちょっぴり豪華なデートをする

ということを提案してみたら旦那さんも喜ぶのではないでしょうか。

 

頑張っている女性というのは男性から見て魅力的ですし、

旦那さんも惚れ直して、デートの後に

今夜は久しぶりに寝かせないからな

と豹変するかもしれません。

私だったらそうします笑

 

 

自分を変えるということはとてもエネルギーが入りますし、

大変なことではあるのですがその後に待っているのは、

より自分の理想に近いライフスタイルを手に入れることにつながります。

 

所得が上がれば家族全体の生活の質も上がりますので、

好きなブランドの服を前より自由に買えるようになったり、

家族で行けそうで行けなかった旅行先も行けるようになります。

 

お子さんも旦那さんの笑顔も増えると思えば、

なんだか「私頑張る!」という感じで、

モチベーション高まりませんか?

 

 

先に紹介した女課長がクオリティの高い仕事をしながら

家事や育児を両立しているのを見て、

仕事に男も女も関係ないということを証明できていると感じましたし、

彼女の仕事の姿勢を学ばないといけないと思いました。

 

アメリカでは管理職の女性が半数近くいるという事実もあるので、

日本もそのうちそのような労働の仕方になってくると思うし、

それこそが今社会で求めれている新しい労働観だと思っています。

 

 

ここまで読んでいただきありがとうございます!

以上、ミニ缶でした!

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

私は女装をするようになってからは、

毎週末に女装するのが楽しみになっています。


毎日毎日仕事ばかりで嫌になっちゃいますが、

週末の女装でストレス発散して、

なんとか毎日をやり過ごしています笑


でも、私は実際に女装始めるまでにはいろいろな壁があったんですよね。

正直かなり長かったです笑


女装をすると嫌でも男性と女性の違いについて

強制的に理解させられるから女性について勉強したし、

失敗しながらたくさん実践してきました。


最近ではいろんなつながりも増えてきて

かなり楽しく過ごさせてもらっています。


最近では女装することが楽しくて仕方がないし、

いろんな女装男子と絡んだりするのが楽しいです。


メールマガジンでは、

そんな私のストーリーとかを

面白おかしく赤裸々に語っているので、

登録していただけたら幸いです!

※※※もちろん無料です※※※

無料でミニ缶の性別越境メールストーリーを読む