もし、女装男子の私が女として生まれていたら。と妄想してみた。

どうもです!

ミニ缶です!

 

先日、もし女装アパレルを経営したらという記事を書きました。

今回も同様にもしもシリーズとして妄想記事を書いていきたいと思います笑

 

女装をする方だとか、LGBTの方だとか、は自分がもし本当に自分が望む性が今とは違ったら?

というのは、一度は考えたことはあるのではないでしょうか。

 

私は生物学上、男性であり、女装男子なので、

今回は「もし、私が女性だったら」という話をしていきたいと思います。

 

結果的には、

「男性であろうとも女性であろうともどっちでもいい」

ってなってしまったのですが、

その妄想の過程を楽しんでいただけたら嬉しいです。

 

あなたは自分の性に満足していますか??

View Results

Loading ... Loading ...

 

もし、私が女性として生まれていたら何をしたいか

好きなようにオシャレを楽しみたいです。

 

女性の服やアクセ、ネイル、メイクなど、

男性とは比べ物にならないぐらいオシャレのバリエーションがあり、

そこにクリエイティブな楽しみがあるのがすごく羨ましいです!

 

もっとも、私は可愛いものが大好きで、

レディース服を購入したり、

メイク道具をネットで物色してポチったりするのが大好きです笑

 

ですが、男性である以上、表立ってレディース服を購入したり、

美容販売員と楽しくおしゃべりしながらコスメも買えないので、

コソコソと楽しむことしかできないのが現実です。

 

だから、そういうのも隠すことなく楽しめる女性は本当に羨ましいなと思います。

 

なんというか、キラキラしていますよね笑

 

書いていてなんだかこっぱずかしい気持ちにはなるのですが、

やっぱり、そういうキラキラした世界は素敵だなと思います。

 

女性として生活していたらミニ缶はどうなるのか

私が女性だと仮定して、どんな生活をしていそうかを妄想してみました。

 

私の性格上の特徴を羅列すると、

  • 人は人、自分は自分と思う。
  • 自分を嫌いな人がいても結構、自分を好いてくれる人と関われればそれでいい。
  • 一人でも十分に楽しく過ごすことができる。
  • 思い立ったら考えるより前に行動してしまう。
  • 何かを創造する、クリエイティブで生産的なことが好き。
  • 人と何かを協力して作り上げることが好き。
  • 楽しく生きることに重きを置いている。
  • ただ、なんとなく楽しいのではなくて、心の底から「これが好き」ということに時間とお金、労力を使いたいと思う。
  • 競争というよりかは、自分がこうなりたいと思うことを実現することに興味がある。

などなど、

 

パッと思いつくことをあげて見ると、

女性としてはかなり生きずらい人種なのかなと思います笑

 

女性は人と共感することを強く求めますから、

私のようになんでも意見したがるような人間はコミュニティから弾かれそうです笑

 

で、女性は陰湿なイジメが多いですから、

私のような異端児は速攻でイジメのターゲットになりそうです。

 

いや、怖いっすね笑

 

これは男性と女性の脳の作りの差があるので、

現状の私の価値観だとか思考をそのまま女性に持って行ったら、

相当悲惨な人生を歩みそうですね。

 

しかも、自分を磨くこと、その過程に好奇心を持っているので、

そんな「ちょっと意識高い系」の女子は他の女子から疎まれそうです。

 

なんだか、だんだんネガティブな気分になってきました。。。

 

そんな絶望的な状況を改善する方法を考えてみた

これまで妄想してきた内容を考えると、

女性になってやりたいことはたくさんあるけれども、

私自身は女性社会では生きずらい人間であることがわかりました。

 

なので、そんな絶望的な孤独少女が明るいキラキラな人生を歩む方法を考えてみました。

 

このままだと、私自身の気分が悪いです!!

 

で、具体的にどういう改善策を3つパターンを考えたのでご紹介します。

  • 女性にモテる立ち位置、ブランディングをする
  • 女性として男性からモテるように努力する
  • 孤高のアーティストを目指す。

 

うん、どれも捨て難い気がします。

 

女性にモテるのは、

それはそれで楽しく過ごすことができそうですし、

男友達も増えて楽しく過ごすことができるように思います。

 

女性として男性にモテるのは、

お金がなくても男子がチヤホヤしてくれるので、

お金に困らずに楽しく過ごすことができそうです。

 

男どもを手のひらで転がす、

小悪魔的な立ち回りもそれはそれで楽しそうです。

 

孤高のアーティストは、、、、

うん、今でも挑戦しようと思えば挑戦できますね!

 

あれ、なんだか結局、

女性として生きる上での未来が見えなくなってきました。。。

 

結局、芝は青く見えるということなのかも

ここまで記事を書いてみてなんですが、

方向性を見失いました。

 

それに、女性として生きている自分が今とあまり変わらない気もしてきました。

 

もし、女性だったら、、、

とう話をしてきましたが、別にどっちでもいいなって、

結論としてはそう思ってしまいました。

 

男性であろうと、女性であろうと、それぞれにメリットとデメリットがあるし、

どちらであろうとも自分がどのように生きるか、

というのは自分自身がその時々で考えるのだろうと思います。

 

で、現状の男性としてもこれからの将来を考えても、

一年後こうなっていたいとか短期目標はありますけれど、

いずれはこうなっていたいみたいなものはないんですよね。正直。

 

だから、男性であろうとも、女性であろうともそれは変わらないなって。

現状、男性であることに何も不満はないですね。

 

もし、女性だったら、

という妄想をするぐらいなら、

今、どうするかを考える方が私は楽しいと思ってしまいます。

 

なので、私が女装をするのって、

 

今の自分にはないもの、、、

男性にはなく、女性にはあるものを求めているだけなんじゃないかって、

今回の妄想で思いました。

 

性同一性障害の方にとっては、また別問題だと思うのですが、

私のような一女装男子からすれば、

男性であろうと女性であろうと関係ないですね。

 

もし、あなたが現状の性に不満を思っていて、

性同一性障害とかじゃないなら、

今の自分で何をしたいのか?

というのを考えてみてほしいなって思います。

 

それをするために頑張ることが必要な場合もありますが、

頑張るというのはただの手段の一つだと思うので、

必ずしも頑張る必要もないと思います。

 

だから今の自分が何をしたいのか?

という気持ちに素直にしたがって楽しく生きれたら幸せなんじゃないの?

って思います。

 

結局、うまく女性であることを妄想できませんでした笑

 

ではでは、今回はここで終わりたいと思います。

 

ここまで読んでいたありがとうございます!

以上、ミニ缶でした!

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

私は女装をするようになってからは、

毎週末に女装するのが楽しみになっています。


毎日毎日仕事ばかりで嫌になっちゃいますが、

週末の女装でストレス発散して、

なんとか毎日をやり過ごしています笑


でも、私は実際に女装始めるまでにはいろいろな壁があったんですよね。

正直かなり長かったです笑


女装をすると嫌でも男性と女性の違いについて

強制的に理解させられるから女性について勉強したし、

失敗しながらたくさん実践してきました。


最近ではいろんなつながりも増えてきて

かなり楽しく過ごさせてもらっています。


最近では女装することが楽しくて仕方がないし、

いろんな女装男子と絡んだりするのが楽しいです。


メールマガジンでは、

そんな私のストーリーとかを

面白おかしく赤裸々に語っているので、

登録していただけたら幸いです!

※※※もちろん無料です※※※

無料でミニ缶の性別越境メールストーリーを読む