25歳女子大生は女装男子をもっと可愛く変身させたい!

どうもです!

ミニ缶です!

 

今回は私、ミニ缶ではなくリアル女子大生に記事を書いてもらいました。

彼女はライターつながりでかれこれ一年ぐらい付き合いのあるライターさんです。

いくらか彼女と仕事をしたことがあり、かなりのオシャレさんです。

なので、このブログで記事を書いてもらったらこれを読んでいるあなたにとってすごくプラスになると思い、今回記事を書いてもらいました。

 

男性目線にはない女性目線で話してくれるので、私してもいつも勉強になっています。

あなたも私と一緒に彼女から学んでいきましょう!

 

では、鳥井さんよろしくです!

 

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 

初めまして!鳥井あおです。

 

私は25歳の文系女子大生です。

25歳なのに女子大生なの!?ってよく言われるんですけど、女子大生です(笑)

 

のんびりマイペースなので、好きなように生きてたり、休学したりしてたらいつの間にか年を取ってました(笑)

 

好きなことは書くことです。

書くことって伝えることだと考えていて、自分の書いた言葉で誰かが考えてくれたり、励まされたと言ってくれたりするのがきっかけで書くことにハマっていきました!

 

ライターとしての記事の執筆以外にも、詩や小説を書くのも好きですね。

物語は直接的に物事を伝える訳ではないけれど、人のもっと深いところに響かせている感じがして、そういうところが魅力だと思っています。

 

もちろん本を読むのも好きです!

なんでも読みますが、特に好きなのは女性作家の恋愛小説です。

江國香織さんが一番好きで、熱中したのは『きらきらひかる』という短編小説を読んでからです。

 

他にはファッションやメイク全般も好きです。

とにかく可愛くなりたいという欲求が強くて(笑)

 

元々コンプレックスの塊だったので、そこから抜け出すには可愛くなるしかない!と思ってファッションとメイクを勉強してたらいつの間にか好きになっていました(笑)

 

専門分野も書くことです。

大学での専攻もその分野なので、今後はライター一本で食べていけるように努力している最中です。

 

このブログはライターの繋がりで、女装に関する記事を書いてみないかと誘ってもらったことがきっかけで書くことになりました!

 

 

鳥井あおって女装についてどう思ってるの?

 

というわけで、まずは私が持っている女装のイメージなどを書いていきます!

 

女装に対して思っていること

・好きな格好をすることは自由だから割と好意的

・そもそも可愛いものが好きなので、可愛いのは正義!

・やるなら徹底的にしてほしい

・人の趣味嗜好には誰も口出す権利はない

 

こんな感じですかね。

基本的には女装に対しては偏見ないです。

 

私も好きな格好をしているので、男の人が好きな格好しちゃだめなんておかしいじゃないですか?

 

女の人はメイクしたり、メンズルックなファッションをしたり、結構自由度が高い中で、男の人がそういう自由がないのはもったいないなって思います。

 

でも、やるなら徹底的に可愛くなる努力をしてもらいたいなと思います。

 

その目線は別に男性だからというよりは、自分も可愛い恰好をするときは、いつもより気合いを入れるからです。

他にも、可愛い恰好をするためにダイエットを頑張ってきました!

 

可愛くなりたいって気持ちさえあれば誰でも、理想に近づく素質はあると思っています!

私もその気持ちだけで10キロダイエットに成功しました!

 

でも結構無理してダイエットしたらリバウンドしちゃったんですよね(笑)

それからまた体重を落とした時には、キープしていくために無理のないようにして、そしたら今でもMAX時から10キロ減を保っています。

 

ここまで読むと、なんとなく伝わっているとは思いますが、私は可愛くなるためにはすごく貪欲です。

そんな私だから、女装したいけどどうしたらいいか分からない男性に女性目線でのアドバイスをしていけるって思っています。

 

どんな記事を書いていくつもり?

 

このブログで、私はメイクの話を中心にしていこうと考えています。

 

私自身、メイクが好きだというのが理由の一つで、他にもメイクが可愛くなるための一番の近道だと思うからです。

 

私は、自分の顔に対してすごくコンプレックスを持っていました。

小学生の頃にブスって言われたのをずっと気にしていました。中学生の頃は、さらにニキビが顔中にできてしまって、毎日鏡を見るのが憂鬱でした。

 

高校生の時に初めてメイクをして、すごく感動を覚えたのは今でも忘れられません。

ニキビ跡はファンデーションで隠れるし、糸みたいに細い目がつけまを付けたらまるで元々パッチリした目のように見えるし。

 

ちょっとメイクしただけで、私ってちょっと可愛いんじゃない?って思っちゃいました(笑)

 

メイクをするようになってからは、こうして前よりもずっと自分に自信を持つことが出来るようになったんです!

 

そうしてメイクを練習する日々になりました。高校生のときは休みの日くらいしかメイクが出来ませんでした。大学生になった途端、毎日メイクをするようになって苦手だったアイラインとか細かいところまで上達してきました!

 

実際に成人式で、地元の同級生に久しぶりに会って「綺麗になったね」って言われたときには、心の中でガッツポーズしましたよ(笑)

 

メイクをすることは私にとって、勇気を与えてくれることの一つです。

 

このブログでは、女装しようと思っているけど勇気の出ない人や女装しているけどメイクに自信のない人に向けて発信していきたいです。

 

メイクをするって結構ハードルが高いですよね。最初は上手くいかないし、自分に似合うのはどういうメイクかもなかなか分かりにくいですし。

 

そういった尻込みしてしまう気持ちは誰しも持ち合わせているものです。

失敗をしてしまうと、自信もなくなってしまいますから。

 

でもメイクって骨格に合わせるテクニックや理想像がきちんとイメージ出来ていれば誰でも可愛くなれます!

それぞれに似合うメイクって違うんですけど、基本さえきちんと押さえていればどうすればいいか分かるようになります。

 

例えば、チーク一つで顔の形の印象がぐっと変わったり、アイラインの引き方で目がすごく大きく見えたりしますからね。

 

女装しようとしている人が一歩を踏み出すきっかけになりたいです!もっと言えば、メイク後に鏡を見たとき、自分じゃないみたいって思えるくらい変身させます!(笑)

 

まとめ

 

今回は、私の自己紹介と女装について考えていること、今後どういう記事を書いていくかを書いてみました!

 

自分が女だからと言って、女装を馬鹿にしているなんて全然なくて、むしろ可愛い人がこの世に増えるのは大歓迎です。

そのために私が出来ることって、自分が持っているメイクのテクニックだったり知識の部分を人と共有したりすることだと思っています。

 

私の記事で可愛い恰好をするのが楽しいって思える人が一人でも増えたら嬉しいです!

 

こうして書く機会をもらったからには出し惜しみしません(笑)

読んだ人が、知ってよかった!これ試してみよう!って思えるような記事を書いていきますよ!

 

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

私は女装をするようになってからは、

毎週末に女装するのが楽しみになっています。


毎日毎日仕事ばかりで嫌になっちゃいますが、

週末の女装でストレス発散して、

なんとか毎日をやり過ごしています笑


でも、私は実際に女装始めるまでにはいろいろな壁があったんですよね。

正直かなり長かったです笑


女装をすると嫌でも男性と女性の違いについて

強制的に理解させられるから女性について勉強したし、

失敗しながらたくさん実践してきました。


最近ではいろんなつながりも増えてきて

かなり楽しく過ごさせてもらっています。


最近では女装することが楽しくて仕方がないし、

いろんな女装男子と絡んだりするのが楽しいです。


メールマガジンでは、

そんな私のストーリーとかを

面白おかしく赤裸々に語っているので、

登録していただけたら幸いです!

※※※もちろん無料です※※※

無料でミニ缶の性別越境メールストーリーを読む