女装男子ミニ缶が本当にオシャレなファッションについて考えてみた。

どうもです!

ミニ缶です!

 

私の記事はメイク系が多かったのでファッション系も書こうと思い今回この記事を書きました。

私はもともと、あまりルックスに恵まれているわけではないので、ファッション誌を買い漁って、どうやったら可愛くなれるんだろう。。と研究していました。

 

何にでも似合うようなタイプでもないので、服を買うときは本当に失敗が多かったです。

タンスの中を見てみると「なんでこんな服を買ったんだろう」という服がたくさんあったりして、過去の自分に対して赤面してしまうぐらいの失敗です。

 

そんな失敗をたくさんしてきたミニ缶ですがオシャレってある程度わかってたというのもあり、今回改めて勉強してみました。

そうすると、改めてこういうファッションはダサくて、こういうファッションはオシャレというのが明確になってきたので今回シェアさせていただきますね。

 

これはA面だろうとB面だろうと共通のファッションのイロハなので、両性を生きる女装男子にとってはファッションセンスがグッとあげるチャンスだと思って読んでいただけると嬉しいです。

 

 

人から見るおしゃれは意外と厳しい

ここまで自分にとって似合っていて、自分が好きなファッションをすることが大事という話をして来ました。

なぜ、そこまでこの2つのことについて強く話して来ているかというと、他人があなたに対して感じているおしゃれどはあなたが思っているよりも厳しいからです。

 

人は人の悪いところに目がいく生き物です。

 

第一印象で悪いイメージがつくと、そのイメージというのはずっと引きずってしまってその人のことを嫌いになってしまったりするのはよくあることです。

ファッションも同じで一度他人に「この人ダサいな」と思われた瞬間にその人からあなたに対しては「ダサい人」として認定されてしまうのです。

 

なので人からダサいと思われるのはどういうファッションなのか??というのを知る必要があるのです。

ですが、そのダサいファッションとは何なのか?ということについてはこれまで話して来た通りです。

 

それは、あなたにとって似合わないファッションです。

 

どんなにトレンドを取り入れたり、ブランド品を取り入れたとしてもその人にとって似合っていなければ、そのファッションはマイナスに働いてしまうのです。

 

なんか、この人見栄はっているな。

なんか、この人着せられているな。

なんか、野暮ったいな。

なんか、若作りがすごいな。

 

そんな風に思われてしまうのです。

一度その印象がついてしまえばいい印象に戻すのは時間がかかります。

私たちのような女装をする人であればなおのことそうでしょう。

 

なので、人からの減点だけは避けるように気をつけることができれば、あなたは周りからオシャレな人として思われるようになりますし、あなた自身も毎日気分が高い状態で毎日を過ごすことができるようになるでしょう。

 

ファッションはまず自分にとって似合う服とは何なのかを知り、その上で自分が大好きな服を見つけて着ることがオシャレな人になるのではないでしょうか。

 

私たちはファッションのプロではない

残念ながら私たちはファッションのプロではありません。

いわゆるモデルではないということです。

 

モデルの方はスマートになんでも着こなしてしまい、カッコよくも可愛くもなれるような憧れの存在です。

ファッション雑誌に載っている彼女たちはめちゃめちゃカッコいいし、めちゃめちゃ可愛いし、めちゃめちゃ綺麗です。

ですが、それは彼女たちが自分の美しさを人に見せることが仕事であり、人に美しさを見せることに対してプロフェッショナルであるということを忘れてはいけません。

 

なので、彼女たちが着ている服やメイクが必ずしも自分に似合うというわけではないのです。

彼女たちの真似をして同じスカート、同じブラウス、同じバッグ、同じ靴を着ても、どこか野暮ったく感じてしまったり、どこか着せられている感が出てしまったりするのです。

 

ミニ缶はその点たくさん失敗して来ました。

 

ネットでモデルさんが可愛く着こなしている服を見て「私もこの服欲しい!!」と言って衝動買いをして、実際に届いて見て着てみると、全然似合っていなかったり、着せられている感じがしてショックを受けたことは一度や二度では済まされません。

 

なので人が着ていて可愛と思ったものが自分に似合うという訳ではないということを理解するのが大事ではないでしょうか。

 

私たちはいろんな広告に晒されて生きていますから、色々カワイイものがあったり、ときめくものがそこら中に溢れています。

それを見ているときはすっごくテンションが上がりますし、どうしても欲しいと感じてしまうこともあるでしょう。

ですが、それに流されていては本当のおしゃれに近づくことは難しいとミニ缶は思っています。

 

私は服を買うときは欲しいと思ったものをリストアップしてから、また時間を置いてから本当に買うかどうかを決めています。

一旦時間を置くことで、それが本当に自分にとって欲しいもの、必要なものかを冷静に判断できますし、無駄な買い物をしなくて済むようになりました。

 

また、無駄な買い物をしなくても済むようになったので、私のワードローブは私にとって本当に似合うもの、大好きなもので溢れるようになりました。

私はワードローブを一つしか持っていないのですが、それで自分が着る服は事足りていますし、それだけで心が満たされる空間になっているので、「今日何を着ようか?」と悩む時間も格段に減りました。

着る服がある程度パターン化しているので当たり前ですね。

 

鏡の前で「この服は今日はダメだな」と脱ぎ捨てる服も無くなりました。

なのでシンプルにオシャレに悩まないワードローブを実現できているのです。

 

ここまでできるとオシャレすることが本当に楽しくなりますし、今日は何着ようかと悩まされることもなくなるので、いいことばかりですね。

 

何にでも似合うというのがおしゃれという罠

何にでも似合うのがおしゃれというのは間違いだとミニ缶は思っています。

なぜなら、なんでも似合う姿形を持った人間は存在しない、と思っているからです。

 

ファッションをお仕事にしている人たちを見ていると、なんでも似合っていいな、と思うこともあるかと思うのですが、実際のところはモデルさんとかでも似合わない服というのも存在します。

 

モデルでも高身長で目鼻顔立ちがくっきりしているスマートな方であればカワイイ服を着てもなんだか無理している感が出てしまいます。

モデルでも背が低くてカワイイ毛の顔立ちをしている人でもカッコいいモード系の服もなんだか着せられている缶がしてしまいます。

 

たとえモデルであっても似合わない服というのは必ず存在するのです。

なので、私たちに似合わない服があっても落ち込む必要はないですし、落ち込むのは杞憂な問題なのです。

 

さらに言えば普段私たちが見るモデルさんは加工されたものであることがほとんどです。

フォト◯ョップを使ってシミやシワを消したり、肌質を綺麗にしたり、顔や体の輪郭をいじったり。

そんな状態の写真が私たち一般人が見ているモデルさんたちなのです。

 

実際のところはどうなっているかなんてわかりません。

私たちもSNSに自撮りをアップするときSNOW最強とか言いながら加工しますよね笑

なので、その加工された情報を元にそれと比較して自分に対して落ち込むのはどうなのかな?と思います。

 

スカートが似合わないのに無理してスカートを履く必要はありませんし、パンツが似合わないのに無理してパンツを履く必要はないのです。

人によって似合う服というのは異なるのです。

 

毎日着ても気分が高まる服を買おう

今の私たちはネットで欲しい服をお手頃な価格ですぐに買うことができます。

ですが、それはもしかしたらあなたのファッションセンスを下げる原因になっているかもしれません。

 

ネットや雑誌で服を見ているとどれも可愛いし、いろんな服が欲しくなるのは止めることはできません!

かくいう私もSNSで他の女装男子が可愛い服を着ているのを見て、ネットでポチりたくなる衝動にかられることがしょっちゅうあるのですが、その衝動を必死で堪えていたりします笑

 

先ほどから何度も話しているように、それが自分にとって似合うものだとは限らないからです。

その人と自分は体系も顔も全然違うし、私のスタイルとは相反するものであることはしょっちゅうです。

 

そこで衝動のままに服を買ってしまうとだいたい後悔します笑

実際の鏡の前で服を着て見て「これは無いな。。」となってしまうことがほとんどです。

 

たとえどんなに可愛い服であっても、似合わなければ気分は高まりませんし、自分の魅力が上がるどころか、下げる原因にもなってしまうのです。

なので、自分にとって似合う服を着ることがオシャレ道を歩む第一歩だと私は思っています。

 

自分にとって似合う服を着ていると、何だか普段の私よりも魅力が2割り増しぐらいに感じることができるのです。

そして、それが自分にとって本当に好きでときめきを感じる服であればそれはあなただけの最高の自分スタイルということができるでしょう。

 

最高の自分スタイルを確立することができれば、毎日のファッションが本当に楽しくなりますし、自身にも繋がりますので、あなた自身の魅力もググッと高めることができるでしょう。

 

それに毎日着ることができないようなイマイチな服を着ても気分はあがりません。

せっかく休日に時間をとって女装をするのにイマイチな服をわざわざ着たくはありませんよね。

 

なので、何度も着ても飽きずにあなたの気分を高めてくれる服を探すのが大事なことです。

 

オシャレとは今の自分のスタイル確立すること

オシャレな人というのはすべからず、自分のスタイルというのを確立しています。

よく雑誌を見ていても同じモデルさんは同じようなスタイルのファッションをしていることがよくわかります。

自分の軸があるということですね。

ワンパターンとも言えます。

 

キレイ系で言えばキレイ系で一貫しているし、

可愛い系であれば可愛い系で一貫しているし、

カジュアルであればカジュアルで一貫している。

 

それぞれのスタイルは変えていないのです。

 

変えるとすれば年を重ねた時です。

それでもオシャレな人は、その時の自分、トレンドにあったスタイルに変化させているかに他ならないのです。

自分とトレンドそのどちらかがかけてしまってはオシャレということはできないでしょう。

 

いい年をした人が若者ファッションをしてもダサいですし、

若い人が年齢層が上の世代のファッションをしてもダサいのです。

 

自分に似合うファッション、今に合うファッション、今の年齢に合うファッション。

つまりは今の自分とトレンドに合うファッションが本当のオシャレと言えるでしょう。

 

ミニ缶が考えるオシャレファッションのまとめ

オシャレファッションで大事なのは以下の2つです。

  • 今の自分、トレンドに似合うファッションを知りスタイルを確立する
  • その上で自分が本当に好きなファッションを見つけること

 

私はファッションに対してすごく苦手意識があったのですが、色々失敗していく中で今回のようなファッションの本質的なところを学んだり、実践していくことでファッション自体が楽しいものに変わっていきました。

結局のところ、いろんな情報に振りわ回されて、こうしないといけないんじゃないか、あのモデルさんはこうだし、とかそのオシャレの対象が自分ではなく外に向かっているのが問題なのだと気づきました。

 

自分にとってどうなのか、今のトレンドにとってどうなのか、それは場所や環境、年齢、時代で変わってくるので、それに合わせて着こなすのがオシャレということだと考えます。

 

それができるようになるにはまずは自分のスタイルを確立しなければその変化に対応することは難しいでしょう。

要するに自分に似合う服は何のなのか?というのを知っているということは全ての土台になるのです。

それが自分にとって気分高まるファッションがあなたのスタイルになるのです。

 

そして、そのスタイルをもとにその時の自分の年齢やトレンド取り入れるのがオシャレということなのです。

 

オシャレになるためのステップをまとめると以下のようになります。

  1. あなたにとって似合うファッションとは何なのかを知る
  2. あなたが気分高まるファッションは何なのかを知る
  3. その時のあなたの年齢やトレンドを取り入れる。

この順番を取り違えると悲惨なことになります笑

 

特に①ができていない段階で②をしてしまうと無思考でただただ自由気ままにファッションをしているだけで、それはあなたに似合うものではないからです。

いくら②を頑張ったとしてもオシャレになることは難しいでしょう。

 

ですが、①さえできるようになればあなたのファッションライフは充実したものになり、周りからオシャレと言われるようなファッションセンスを身につけることはすごく簡単なものになります。

 

もし、あなたが自分のファッションに自信が持てないのであれば、まずは自分に似合うファッションは何なのかを知ることから始めるのがオススメです。

 

その、自分に似合うファッションを見つける方法については、、、

また別の機会にお話しできたらと思うので楽しみにしていただければと思います。

 

ここまで読んでいただきありがとうございます!

以上、ミニ缶でした!

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

私は女装をするようになってからは、

毎週末に女装するのが楽しみになっています。


毎日毎日仕事ばかりで嫌になっちゃいますが、

週末の女装でストレス発散して、

なんとか毎日をやり過ごしています笑


でも、私は実際に女装始めるまでにはいろいろな壁があったんですよね。

正直かなり長かったです笑


女装をすると嫌でも男性と女性の違いについて

強制的に理解させられるから女性について勉強したし、

失敗しながらたくさん実践してきました。


最近ではいろんなつながりも増えてきて

かなり楽しく過ごさせてもらっています。


最近では女装することが楽しくて仕方がないし、

いろんな女装男子と絡んだりするのが楽しいです。


メールマガジンでは、

そんな私のストーリーとかを

面白おかしく赤裸々に語っているので、

登録していただけたら幸いです!

※※※もちろん無料です※※※

無料でミニ缶の性別越境メールストーリーを読む